不用品の売り買い・回収処分のお悩み解消ナビ「リサークル」

 | 
不用品のリサイクル買取 | サイトマップ |  お問合せ
HOME
 | 

不用品、中古品を売りたい! 処分したい! 買取リサイクルショップ探しから引越し、エコまで情報満載の総合サイト。

不用品の処分方法と回収・処分業者選びについて

不用品の回収処分
3つの回収処分方法について
不用品の処分の際に一番気になるのが処分費用です。(なるべくお金をかけずに処分したいものですね。)
まずはリサイクル出来るものがないか調べて見ることをお勧めします。
詳しくは「買取/回収処分のガイド」をご覧ください。
売れそうな品物がありそうでしたら「買取業者・リサイクルショップ」に問合せてください。
もし売れなくても無料で引取ってもらえるかもしれません!処分費用を出すよりはお得です。
また、買取業者、リサイクルショップでも処分対象のものは処分費を支払えば処分対応して
くれるところも多いようなので確認してみてください。
さて、リサイクル、買取対象外の場合の処分方法には、いくつかの選択肢がございます。
1)回収処分の専門業者にお任せする。
2)リサイクル、買取業者に依頼する。
3)自治体の回収センターにお願いする。
それぞれにメリット・デメリットがあります。どの場面に向いているのかという目線で考えて頂き
ご利用される方ご自身の状況に応じ上手に使い分け、ご利用頂けたらと思います。
1)回収処分の専門業者にお任せする。
引越し、リホーム、大掃除などで大量の不用品など、特に家具、家電のような大きな物が沢山ある場合
や急いで大量の処分をしたい場合に便利なサービスです。(店舗、オフィスの処分にも向いています。)
処分内容、業者にもよりますが、自分で処分してもそれなりにお金は掛かりますので、業者にお願いする
場合は、ある程度の出費は覚悟しておいた方が良いでしょう。

処分業者に依頼する場合、大きなものは予め、大まかなサイズを測っておき、内容、数量と一緒に
をお伝えください。小物の量までまで分かれば「〇〇〇サイズくらいのダンボールでの〇〇個」の様に
お伝えすればスムーズにお見積の依頼ができると思われます。

少しでも安く抑えたい方へのアドバイス:小物の分別費用は意外と高い!?
食器、衣類、本などの不用な小物類も出ると思いますが、面倒だし、業者に処分してもらうのだからと 分別もせず適当にゴミ袋にひとまとめにしておいたところ、冷蔵庫などの家電製品よりも処分費用が掛かってしまったという 事例もあります。これは分別費用が掛かってしまったケースです。 業者によって違いはあるでしょうが、分別しておいて処分費用が高くなることはないはずです。
小物類に関しては袋、箱などになるべく細かく分別しておくと良いでしょう。
また、皆さんもご存知のように可燃ごみ、不燃ごみ、資源ごみ等はご自身で 簡単にお金を掛けずに出せるわけですから、時間に余裕があれば業者に頼らずご自身で処分される事をお勧めします。
さらに売れそうなものがあれば買取店に査定してもらい買取ってもらう事も忘れずに。
処分費用の掛かるものは、無料でも引取ってもらえるならお願いするべきです。
2)リサイクル、買取業者に依頼する。
買い取りしてもらえる品物がある場合は、処分対象の物もまとめてお願いするのもお勧めです。
案外、処分費用を安く押さえられるかもしれません。
量が少ない、自分で運べない物などの場合も選択肢としてありです。
但し、回収処分の専門業者ではないので大量の粗大ごみ等の場合は引き受けてもらえない事もあるでしょう。
3)自治体の回収センターにお願いする。
基本的にはご自身での処分を行います。メリットとしては処分費用が安く抑えられる事です。
デメリットは粗大ごみを出すときは、有料で事前の申込みが必要。シールを買っておかなければいけない。
自治体に連絡してから、指定の収集日までは出せない。
指定の日時(当日朝)、指定の場所までご自身で搬出しなければいけない。
1世帯が1回に出せる粗大ゴミの量に制限がある。(それ以上のゴミは、日を分けて回収を申し込む。)

なお以下に該当する物品は粗大ゴミとしての回収はできません。
自動車・オートバイ・タイヤ・ピアノ・耐火金庫など耐火用金庫、消化器、コンクリートブロック、ガスボンベ、自動車部品などの処理が困難なもの/長さが1m80cmを超えるも/太さが30cm以上の材木/ 家電リサイクル法による家電4品目(エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機)/PCリサイクル対象品(家庭系パソコン)/家庭から出たものが対象であり事業者の場合は対象外となります。
品目は各自治体によって多少異なる可能性もありますので、詳しくは各地域毎の粗大ごみの出し方を
お調べ頂くか直接、お問い合わせください。
処分するまでに時間と労力を使い色々と面倒ですが安く抑えるならこれが一番でしょう。

各自治体のごみ処分に関するサイトはこちらからご覧いただけます。
全国自治体ごみリンク


■ サイトのご案内・お問い合わせ

不用品の買取・リサイクルのお悩み解消ナビ「リサークル」/